飛行機の羽と海

具体的な割引率について

格安航空券なら、片道数千円ほどで航空機を利用することも難しくはありません。鉄道やバスと比べても遜色ない料金と言えますが、実際の割引率が気になる方もいるのではないでしょうか。実は鉄道・バスとは比較できないほど高い割引率になっているのです。

格安航空チケットは割引率が高い

航空機の運賃は片道数万円が一般的ですが、格安航空チケットは非常に高い割引率を誇ります。1割引・2割引といった割引率ではなく、路線や購入時期によっては、8割引もの割引率になっている場合もあるのです。往復で利用しても、およそ4分の1の料金で済みますので、かなりお手頃ではないでしょうか。

50%オフは当たり前

50%オフの表示
格安航空券の一般的な割引率は50%ほどになっています。往復利用で片道分の運賃のため、例えば片道2万円の路線があった場合、往復でこの料金となります。50%オフはほぼ当たり前の状態となっており、格安航空チケットの割引率の高さが分かります。


70%~80%オフも

地方の路線や閑散期など、航空機の需要な少なくなる時期の場合、格安航空チケットは70%~80%オフで売り出されます。非常に割引率が高く、路線によっては高速バス並みの料金で利用できます。

繁忙期でも割引される

航空機の需要が最も多いのは繁忙期ですが、この時期は運賃が高くなる傾向があります。しかし、格安航空チケットなら、運賃割増の影響をほとんど受けずに利用できるのが魅力です。利用できる路線などは限られますが、繁忙期であっても割引価格で販売されますので、定期的に販売サイトをチェックしてみるのも良いでしょう。

予約する時期によって割引率は変わる

このように、格安航空チケットは高い割引率が特徴になっています。ただし、気を付けておきたいのが予約時期によって割引率や料金が大きく変動する点です。一般的には、早期売出しで有るほど低料金で利用できますが、逆に前日・当日に予約をしても、割引の恩恵は少なくなるので注意しましょう。

運賃プランもチェックしておこう

また、航空会社によっては複数の運賃プランを提供しています。プランが異なると、割引率が変わることもあるので気を付けましょう。複数の運賃プランを利用できる場合、サービス内容も考慮して選ぶことをおすすめします。

運賃プランが異なるだけで、料金が数千円変わることも珍しくありません。少しでも安く利用したい方は、割引率もしっかりチェックしておきましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 なぜここまで安くできる?格安航空券の安さの秘密に迫ります! All Rights Reserved.