飛行機の羽と海

予約する時の注意点

格安航空券は料金が安く、気軽に飛行機を利用できるのが最大のメリットです。しかし、料金が安く設定されている一方で、注意点も多数あることを忘れてはいけません。いくつかの制約がありますので、トラブルなどには注意が必要です。

オーバーブッキングのリスクがある

格安航空チケット最大のネックと言えるのがオーバーブッキングです。オーバーブッキングとは、予約が座席数を上回ってしまう状態を指します。格安航空チケットは様々なチャネルで販売しますので、ブッキングが起こる可能性がゼロでは無いことに気を付けておきましょう。

予約変更できない場合がある

また、早期から販売開始を行っていることから、もし日程やフライトを変更したい場合、いったんキャンセルをする必要があります。実は予約変更できないことが多いのです。例えば予約を次の日に変更したい場合は、現在の予約をキャンセルして再度別の便を予約することになります。
変更ができるか否かは事前にチェックを忘れないようにしましょう。

キャンセル料が高額

飛んでくお金
予約をキャンセルする際も注意しましょう。運賃が割安になっている分、キャンセル料金が少々高額に設定されています。運賃の50%ほど取られることもありますので、キャンセルはしないことが望ましいでしょう。


座席指定は料金が高くなる

格安航空チケットは座席が指定できない場合がほとんどです。もし座席を指定したい場合、通常運賃か別の運賃プランを利用することになりますので、料金が高くなることに注意しましょう。

フライトの保証が無い

航空機がフライトするかどうかは当日にならないと分かりません。しかし、格安航空券は悪天候や機材故障などの理由でフライトキャンセルになった場合は保証が無い点に注意が必要です。

フライトキャンセル時は振替のみ

もしフライトキャンセルになった場合、通常の航空会社はホテルの手配や宿泊費の補償がありますが、格安航空チケットの場合は別の便への振替のみの対応となるのが一般的です。もし翌日の便に振り替えとなった場合、宿泊費などは本人負担となります。

航空会社によって対応が変わる

格安航空券は注意点が少なくありません。特に座席指定が不可能だったり、フライトキャンセル時の補償に不安が残る点には気を付けたほうが良いでしょう。しかし、実際の対応は航空会社によって異なりますので、気になる方は事前に確認しておくことをおすすめします。特に予約変更・キャンセル料に関しては、予約する前に確認することが望ましいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP

Copyright(C)2017 なぜここまで安くできる?格安航空券の安さの秘密に迫ります! All Rights Reserved.